開業をしたいなら

開業や移転をしたいと思っているのなら、事務所など働く場所がなければなりません。いろんな方法があるので、あなたにピッタリな方法を見つけて仕事を始める準備をしましょう。

開業するスタイルランキング

女性
no.1

貸事務所を借りる

貸事務所を借りると取引先などから信頼を得やすいので、仕事を有利に進められますよ。また、内装などもあなた好みに変更できるのが特徴です。

no.2

自宅開業にする

自宅開業をすれば、わざわざ会社に出勤する必要がないので便利ですよ。パソコンを使っての仕事であれば、初期費用もほとんどかからないと言えるでしょう。

no.3

レンタルオフィスを借りる

レンタルオフィスであば、コストダウンに成功できますし、机や椅子など必要なものが全て揃っているので、若年層から支持を得ていますよ。

貸事務所を借りる前に

信頼を得て、顧客をつかんでいきたいと考えているのなら、やはり貸事務所を借りるのがベストでしょう。しかし、貸事務所が入っている建物にはいろいろなタイプのものがあります。ですので、本契約をする前にどのようなタイプがあるのかを把握しておくといいでしょう。

建物のタイプ

  • いろんな企業が入っているオフィスビル
  • 事務所兼ねる店舗
  • 事務所兼ねるマンション
  • 事務所兼ねる倉庫

不動産会社に行く前に貸事務所の選び方をマスターしよう

私服の女性

貸事務所の選び方

企業を設立して従業員を雇えるほどの会社に成長させたいのなら、費用よりも立地を念頭に置いておくのがベストです。なぜなら、従業員は毎日会社に通わなければならないので、駅の近くであったり、駐車場が完備されていたりすれば通いやすいと言えるでしょう。それだけでなく、出張で地方から来る方や取引先の方も来社しやすくなりますよ。また、例としてIT系の会社であれば、IT系会社が多くいるオフィス街に貸事務所を借りるという手もあります。そして、女性従業員がいるのならお手洗いに注目しておくといいですよ。例えば、最新のトイレが完備されていれば息抜きの場として使用してもらえます。また、喫煙所などもあれば喫煙者に喜ばれますよ。このように、従業員目線で選ぶことによって、良い貸事務所を選ぶこともできますし、スタッフに長く働いてもらえることでしょう。

私服の女性

揃えておくべき書類

貸事務所を借りるためには様々な書類を用意しておかなければなりません。例えば、法人謄本や決算書2期分、代表者の身分証明書が必要となっています。更には、連帯保証人になってくれる人を探さなければならない場合があります。特に連帯保証人になってくれる人は見つけにくいので、貸事務所を契約する前から探しておくといいでしょう。そうすることによって、円滑に契約を進められますよ。

広告募集中